2015年12月25日

☆三






三輪車の絵のついたセーターを着ている三太は、
散髪の帰り道、
三度目の流れ星を見た。

三回願い事を唱える練習を、
散々練習していたので次こそは
3パーセントくらいの勝算があった。

三太はその日の帰り道、
三度目にして、三年ぶりの流れ星を見た。

三度目のはずなのに、出会ったことにただただ驚き、
三角に目と口をあけたまま、ただただ嬉しくてたまらなくて、
散々練習していた願い事を唱えることをその後、
三十日も忘れていた。